免疫力とは?どんな力のこと?

 

免疫力とは体の健康を維持するうえで、非常に重要な役割を果たします。病気を引き起こすウイルス、細菌、カビなどに対して、効果的に働き、病気を未然に防いでくれるのです。

 

これらの病原菌は常にカラダの中に侵入していて、日々、免疫細胞と戦いを繰り広げています。免疫力とは毎日、24時間病原菌から体を守っているなくてはならないものです。毎日健康的に生活するためにも、この免疫力について学んでいきましょう。

 

免疫細胞

 

体には赤血球や白血球、血小板などが血管の中を自由に動き回っています。免疫細胞とはこのうちの白血球を意味します。この白血球ですが、様々な細胞が存在し、それぞれにきちんと役割が決められています。

 

大きく3つに分けることができるのですが、

 

一つは外敵を発見する細胞、
一つはその情報を伝達する細胞、
そして、最後の一つは外敵を攻撃する細胞。

 

このように役割分担されているのですね。人間が一人では何もできないのと同じで、免疫細胞も何種類もの細胞が集まって、相互に作用し合い、効果を発揮しているのです。

 

この役割分担がしっかりできていると、素早く外敵を発見し、情報を中枢機関に伝え、素早く退治するという流れがスムーズに運びます。

 

外敵を発見する細胞として、マクロファージというものがあります。これは発見した外敵を片っ端から食べていき、処理していきます。

 

そして、その情報を伝えるのが、樹状細胞と呼ばれるものです。その情報を元にTh1細胞(ティーエイチワンさいぼう)という司令官のような役割をする細胞が各攻撃部隊に攻撃指令を出し、素早く外敵を退治します。

 

攻撃する細胞

 

外敵を攻撃する細胞はいくつか種類があり、有名なのにキラーT細胞があります。また、NK細胞というのも有名ですね。どちらも病原菌やウイルスに感染した細胞を攻撃し殺す役割を持ちます。

 

また、特殊な細胞にB細胞というものがあります。これは病原体を攻撃し、退治する抗体を作り、体を健全に保ってくれます。これらの細胞が各々組み合わさって効果的に作用することで、体の健康を維持しています。

 

この免疫力が正常な細胞と感染した細胞を見分け、攻撃していくのですが、ストレスや生活の乱れなどにより、免疫力が弱くなることがあります。

 

そうなると、正常に病原菌を退治できなくなるので、風邪をひいたり、細菌に感染したり、内蔵疾患にかかってしまったり、様々な弊害が出てきます。免疫力の維持、向上をどうやっていくか?ということが長生きする上で、非常に重要になってきます。

 

免疫力を高めるには?

 

免疫力を高める薬、漢方
免疫力を高める食べ物
免疫力を高めるツボ、お灸
免疫力を高める運動、体操