コラム記事一覧

お腹にガスが溜まってしまう方が最近では増えています。特に食生活や生活習慣の乱れによって、ガスが溜まってしまうという方が多いです。なぜお腹にガスが溜まってしまうのかというと、お腹にガスが溜まる原因というのが口から飲み込まれるガスとお腹から発生するガスの2種類に分けられます。このガスが正常な場合はゲップやおならとして排泄されるのですが、入ってくるガスと出て行くガスのバランスが悪くなるとガスがお腹に溜ま...

喉の痛みを訴える方は非常に多いですが、実際にどのような薬を飲んだら良いのかよくわからないというのも困ったものですよね。ドラッグストアなどで売られているかぜ薬はどれが良いのかたくさんありすぎてよくわかりません。そこで、今回は喉の痛みに効果的な市販薬のランキングをまとめてみました。症状も様々なので、症状に合った市販薬を選びましょう。風邪の場合は市販の薬で治る可能性も高いですが、もし、声帯が傷ついていた...

吃音症(きつおんしょう)という病気はあまり知られていません。はじめて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?これはどのような症状を起こすかというと、一般的にどもりと言われるコミュニケーションの障害を指します。言葉がうまく出てこず、言葉に詰まってしまうなどの症状があります。これが病気としては認知されていないので、周囲からは冷たい視線を向けられることも多々あります。主な症状は大きく3つに分け...

咳と一言で言っても、その症状の原因は人それぞれです。喉が痛くて、咳が出ているのか、発作を起こしているのか?何か喉に詰まっているのか?原因は人それぞれで違うので、薬の選び方にも注意が必要です。特に、咳には大きく2種類のタイプに分けられます。乾性咳嗽一つは乾性咳嗽といって、乾いた咳のことです。これは気管支の痙攣や気道の炎症により、咳中枢に刺激が加わることで咳が起こります。そのため、咳止めには咳中枢に働...

朝起きるとなんだかだるくて、熱っぽいということを経験した方もいらっしゃると思います。今日は大事な会議があるのに、どうしようと困ったことがありませんか?こんな時にすぐに対処できる方法があると非常に嬉しいですよね。発熱はウイルス撃退のためそもそも発熱はなぜ起こるのでしょうか?私達のカラダは常に一定の体温に保たれています。これは脳の中枢から熱の生産と放散をコントロールしているのですが、病原菌などの侵入に...

扁桃腺(へんとうせん)とはよく聞く言葉ですが、よく理解していない方もいらっしゃると思います。そもそも扁桃腺とはどこにあるかご存知でしょうか?扁桃腺は口を大きく開けると、奥の方に左右1つずつ付いているのが見えるものです。奥にあるので、見えづらいかもしれませんが、手で触ることも出来ます。この扁桃腺は主に子供の時期に非常に重要になってきます。というのも、子供は免疫機能がまだ発達していないので、身体に病原...

生理は主に28日周期でくるものですが、中には生理が来てもすぐに終わらないで、長引くという方もいらっしゃいます。また、その次の生理も周期が短かったり、長かったり、不安定な状態が続く場合があります。このように不安定な状態が続くと非常に不快な思いをすると思います。やっと生理が終わったと思ったら、すぐに次の生理が来たり、ストレスが非常に溜まると思います。このような症状を起こす原因と対策はどのようなものがあ...

生理についてよく知っている方もあまり知らない方もいらっしゃいます。女性でもあまり良く知らない方もいらっしゃるので、ここで基本的な知識は学んでいくことをおすすめします。まず、生理はなぜ起こるのかというと、女性が妊娠するために子宮の中に子宮内膜という薄い膜が出来ます。この膜に受精卵が着床することで妊娠するのですが、膜が薄いと着床しにくいので、どんどん厚くなっていくのです。大体28日周期でこの膜が入れ替...

美人の条件とはどのようなものでしょうか?女性から見た美人と男性から見た美人とは明らかに違いがあります。これはなぜかというと、男性は女性を見るとき魅力的と感じるのはほとんど外見からという場合が多いのです。女性の場合は外見だけでなく、中身を判断材料にするので、違いが出てくるのです。このことから男性から見て魅力的だと感じる女性は外見が非常に綺麗な方が多いです。そのため、くびれを作ったり、メイクをしたり、...

糖尿病になるとどのような症状が出るのでしょうか?今はまだ糖尿病になっていない方でも今後生活習慣が悪くなると糖尿病になる可能性もあるので、どのような症状が出るのか確認しておきましょう。まず、糖尿病になると、喉が乾いてきて、尿の量や回数が多くなります。また、体重が急激に減ったり、疲れやすくなったり、尿に糖が混じったり、手足のしびれなどが起こります。喉が渇くというのは大量のブドウ糖排泄するために身体の水...

健康を維持するためには血管年齢が大切だと言いますが、そもそも血管年齢とは何のことか把握しているでしょうか?血管年齢は、血管がどの程度老化しているかを知る度会いになっています。もちろん血管年齢が低いほど、健康的な状態です。血管年齢が高いと血管が狭くなっているので、動脈硬化が進行している可能性があることを示しています。コレステロールが高いと血液はドロドロですし血管が詰まっているので狭くなっている状態で...

健康診断でコレステロールが高いと言われると健康的ではないと思えるので、コレステロールを下げなければならないと思わされます。コレステロールとは体を作っている細胞の一つで、体内に存在する脂質の一種です。つまりは油なのですが、油と言っても体を作り上げる上で大変重要な存在なのです。コレステロール値には基準となる値があり、その値よりも上だとコレステロールが高い、基準値よりも下だとコレステロールが低いと言われ...

脇の下に違和感があると、女性にとっては心配なことも多いでしょう。というのも、シコリがあったりすると、乳がんに関係している可能性があるためです。しかし、脇の下の痛みには様々な原因があり、リスクは乳がんとは限りません。では、痛みがなぜ起こるのかといえば、脇の下にリンパ管が集中していることが関係しているといいます。ンパ管とは、身体の中を流れるリンパ液を通している管です。血管のように全身に張り巡らされ、不...

風邪を引くと熱が出る、当たり前のことのようですが、病気だから必ずしも熱が出るとは限りません。風邪には、高熱が出る理由があるのです。実は、風邪と高熱の関係を知らないと、誤った対処法で風邪を完治できないこともあります。ではなぜ、風邪を引くと高熱が出るのでしょうか?原因は、風邪のウイルスを身体内で死滅させるためです。風邪を引いて高熱が出るのは、体内に熱に弱いウイルスが侵入しているから。身体は発熱によって...

発症すると、激痛を伴うという尿管結石。男性でも女性でもなる病気ですが、男性は女性の2倍もの患者がいるといいます。また、日本人の15人に1人は尿管結石を経験するというデータもあり、30代以降の発症しやすい年代は要注意ですね。そのためにも、尿管結石の初期症状や前兆は見逃したくないものです。といっても、尿管結石になると、初期の頃から痛みを感じるといいます。数日中には激痛に見舞われるともいい、男性でも七転...

最近では日焼けするより美白したい人が増えてきて、夏になったら思いっきり日焼けしようという人は少なくなってきました。それでも、年代によっては日焼けを楽しみにしている人、日焼けを気にしていない人、うっかり日焼けしてしまった人、職業上日焼けを避けられない人などもいます。いずれにしても、日焼けは火傷の一種。日焼けしたら、皮膚が火傷したと思ってアフターケアをしてあげる必要があります。医学的には火傷は3つの重...

禁煙を始めた初日は、最も辛い1日となる可能性が高いです。というのも、これまでは何ということもなくタバコを吸っていた習慣を突然止めることで、身体にも大きな変化が訪れるから。入ってくると思っていたものが入ってこないときの身体の変化は、我ながら驚くほどです。特に、タバコへの依存が大きかった人ほど、禁煙初日は辛くなるでしょう。中には、初日は大した辛さがなかったから、これはイケそうだと過信する人もいます。そ...

禁煙に成功した人から、最初の頃を抜ければ上手くいくなどというセリフを聞いたことがありませんか?禁煙すると、食べ物や空気がおいしい、健康を感じられて心身ともに爽快などという言葉もよく聞かれますが、逆に禁煙を始めて体調不良になったという意見も聞かれます。どちらが本当なのかといえば、どちらも真実のようで、段階によって感じ方が変わってくるのだといいます。アルコール依存症の人が禁酒すると禁断症状が現れるとい...

胃がムカムカする、胃がムカつくといった表現がされる症状には、本来なら時間が経てば消化されるはずの食べ物が胃に溜まったままの状態になっていることが関係するといいます。つまり、胃の働きが通常より低下しているなど、異変が起きていることが考えられるわけです。食べたものの影響などで胃酸が出過ぎることもあり、一時的な胃のムカつきならセルフケアでも対処できるでしょう。ただし、慢性的に胃がムカムカするようなら、病...

ぶつけた覚えはないのに、いつの間にかあざができていることってありませんか?基本的に、あざは気づかぬうちにでも、身体が硬いものに接触したことにより、内出血をしてできるものです。ただ、実は確かにぶつけていないのにできてしまうあざの種類もあります。特に女性に多いといわれるあざですから、女性は気を付けておいたほうがよいでしょう。また、ほんの軽くぶつけただけなのに、あざができたという場合も要注意です。病気の...

酒は百薬の長ということわざもあるように、ほどほどのお酒は健康によいとされています。しかし、少量だからといって、毎日お酒を飲むのは身体によくないともいわれてきています。習慣的に飲酒をする人には、休肝日を設けることがすすめられていますが、少量の飲酒でも休肝日は必要なのでしょうか?答えは、ズバリ!必要です。肝臓の仕事は、アルコールだけではなく、食事などから身体に入ってきた様々な毒物の分解をしています。ま...

ダイエットのためにウォーキングを始める人は、年代を問わず増え続けています。近所を散歩する程度でもウォーキングになるため、手軽にできる運動として最適です。通勤時に、目的の駅より1駅手前で降りてウォーキングするという人もいるでしょう。日常生活に取り入れやすく、ほとんどの人が特別な技術もなく始められるのもいいですね。そんなウォーキングダイエットで、消費できるエネルギー量が気になります。ウォーキングとひと...

風邪やインフルエンザで喉が痛い・唾を飲み込むのも辛い。そんな喉の痛みに即座に効力を発揮するのが、マヌカハニーです!テレビや雑誌でも多く紹介されており、その万能ぶりから「奇跡のスーパーフード」とも呼ばれるマヌカハニー。その魅力と効果的な摂取方法に迫ります!マヌカハニーおすすめ5選を見てみる!マヌカハニーは喉の痛みに効果がある理由は?なんといってもマヌカハニーの一番の特長は「メチルグリオキサール」を含...

目覚まし時計というと、どんなイメージがあるでしょうか?時間になるとジリリリ!!!!という爆音を鳴らすものもあれば、最近ではスマホに入れた好きな音楽を目覚まし音に設定できるというものもありますね。でも、なかなかスッキリとは起きられないなぁ〜と思ったあなた、大正解です。この行為、実はとっても危険だったんです!大きな音が自律神経の乱れに…「大きな音で目を覚まさせる」というのは、強制的に眠りから引きずり出...

「朝、子どもが自分からは起きてくれない」「寝起きが最悪!毎朝起こすのに一苦労・・・」こんな親御様のボヤキが今にも聞こえてきそうですね。では、一体なぜ子どもが自らの力でスッと起き上がることができないのでしょうか?以下4項目から検証してみましょう。生活習慣の乱れ一番ハッキリしている原因ではないでしょうか。単純に寝る時間が遅いのであれば、睡眠時間が短くなり、当然起きられる時間も遅くなります。また、偏食と...

・毎晩大きないびきをかいている・朝起きた時になぜか疲れている・肥満体型であるこの中に、何か思い当たるものはありませんか?それ、もしかすると睡眠時無呼吸症候群かも知れませんよ!睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndromeの頭文字を取ってSASとも呼ばれます)は、その名の通り、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。その定義は、気道の空気の流れが10秒以上止まった場合を無呼吸とし、...

尿管結石になってしまう原因は様々なことが考えられます。遺伝・体質・日々のストレスという、仕方のない面もあれば、単に暴飲暴食してしまった結果など。考えられることは色々でも、発生のメカニズムが非常に複雑であることから、原因の究明には至っていないとのことです。しかし、発症の原因はハッキリとしていなくとも、尿管結石になりにくい身体づくりの方法はあります。それは、「適切な食事・適度な運動」です!「…なんだ、...

何の前触れもなく突然襲って来る頭痛。大事な場面に限ってズキズキガンガン…「もうやめて〜(x_x;)」と言いたくなってしまいますよね。その頭痛にもいくつか種類があるって知ってましたか?・脳腫瘍などによって脳が押し広げられることによる痛み・くも膜下出血のように髄膜刺激による痛み・片頭痛や高血圧など脳の血管に原因のあるもの・不安や緊張といったストレスによるもの・頭ではなく目・耳・鼻・歯など周辺の器官に原...

難消化性デキストリンってご存知でしょうか?「字の並びからして何となく体に悪そうだなぁ…」なんて思いがちですが、実はその真逆!とっても身体に嬉しい効果をもたらしてくれるんです♪果たして、難消化性デキストリンの正体とは?詳しく見ていくことにしましょう。難消化デキストリンとは?その名の通り、ヒトが本来持っている消化酵素によって消化されにくいデンプン質のことです。…何だか難しそうですよね(@_@)水溶性食...

このほど、納豆が血糖値に効果を発揮することが長年の研究で解明されました!「納豆が血糖値を下げるって本当?何年か前にも聞いたような…(-ω-;)」と、懐疑的になってしまうあなたにこそ是非知っていただきたい事実があります!「納豆が身体に良い」と言われる理由を、なんとなくではなく確固たる証拠に基づくものであると知ったうえで健康的な生活を送ってほしいとの研究者の願いがありました。長年、納豆を製造・販売し、...

辛い便秘…(;_;)一時的なものであっても、慢性的なものであっても、お腹が張ってどんより重たくなってしまいますよね。あまりに長期間に及ぶと発熱や吐き気を催すこともあり、余計に苦しい思いをしなくてはならなくなってしまいます。「何とかしなければ!」と、トイレに座るけれども、それで解決できれば苦労はしませんよね。腹筋やジョギングといった運動をするのもしんどい。おなか周りのマッサージもした。便秘薬には頼り...

「何だか目の奥が痛いなぁ〜(-ω-;)」ということはありませんか?「疲れ目かなぁ〜?ちょっと休めば大丈夫♪」という場合もありますが、その痛み、実は重大な病気のサインであるかも知れません。気になるその症状について少し考えてみましょう。片目だけ目の奥が痛い原因は?パソコンやスマホの普及により、デジタル画面からますます目が離せなくなってきた現代社会。もちろん、目は酷使され、どんどん疲弊するばかり(@_@...

突然まぶたがピクピクと小刻みに動き出す、そんな経験はありませんか?何もしていないのに、自分の意図していないところでいきなり動き出すと、驚いてしまいますよね(*_*;ゴミや虫でも入ったのか?はたまた何かに取り憑かれてしまったのか?と、不安に駆られてしまうこともあります。しかし、まぶたがピクピク動くのは、身体が発する何らかのサインでもありました。原因をしっかり知って、対策に役立ててくださいね。まぶたの...

「目覚まし時計」なのに「目覚めさせることができない」のでは本末転倒です。その、目覚まし時計をもってしても起きられない原因はどこにあるのでしょうか?不規則な生活ライフスタイルが多様化している現代。毎日規則正しい生活を送れている人ばかりではありません。夜更かしをしてしまえば、休息時間が必然的に短くなります。様々な事情から朝決まった時間に起きる必要があっても、睡眠欲が勝る場合も当然考えられます。目覚まし...

「じゃばら」って何だかご存知ですか?「紙などの山折りと谷折りを繰り返してできたハリセンのようなもの!」を、想像しがちですが、全くの別物です。じゃばらとは、柑橘類の一種で、ゆずや大きめのかぼすのような見た目をしています。ポン酢・ジャム・マーマレードなどの加工品に用いられてきましたが、聞いたことがないという方も多くいらっしゃるでしょう。それというのも、このじゃばら、和歌山県東牟婁郡北山村を中心にごく限...

くしゃみ・鼻水・鼻づまり…季節の変わり目はもちろん、1年中通して発症することもあり、辛いですよね(T_T)その症状こそがアレルギー性鼻炎です。カビ・ハウスダスト・花粉が原因に原因は主にカビやハウスダストとなっていますが、広義では花粉症などからくる症状もアレルギー性鼻炎にあたります。そういった外部からの物質がアレルゲンとなり鼻粘膜に付着すると、体内を守るために抗体という物質がつくられます。同時に、ア...

鼻がムズムズ、くしゃみが止まらない!薬で何とかしようと思ったけど、それも一向に効かない(;_;)こんな方はいらっしゃいませんか?きちんと用法・用量を守って正しく飲んでいても効かないとなると、自分の身体に何が起こっているんだろう?と不安になってしまいますよね。効かない理由は、飲み方というよりも、他のことに原因が隠れているかも知れません。薬が症状に合ってない「自分のことだから大丈夫!」と症状を理解して...

鼻炎は、鼻粘膜の炎症をを指します。いわゆる「鼻風邪」と呼ばれる急性鼻炎や、なかなか治らず膿が溜まって「ちくのう」を引き起こす慢性鼻炎、そして、様々なアレルゲンが原因となっているアレルギー性鼻炎があります。このアレルギー性鼻炎には、季節の変わり目に多くの方を悩ませる「花粉症」も含まれており、もはや国民病とも言われるほど。アレルゲンとしてはハウスダストやカビなどが挙げられており、このアレルゲンを除去す...

子ども用の方が「なんとなく、やさしそうだな」や「味や形状も気遣って作られていそうだな」という印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。例えば、チョコレート。子どもがおやつに食べて喜ぶものですが、「オトナのあなたに」なんてキャッチコピーのものは、大体がビターな味わいだったりしますよね。苦いことがオトナかというと、決してそうではない気がしてしまいますが、子ども用のものは、大人以上に配慮がなされている...

特に年配者の骨折は、健康寿命を阻害する大きな要因とされています。それというのも、骨折してしまうと身体の動きや行動範囲に様々な支障をきたし、重度の場合は寝たきりの生活に陥ってしまうからなのです。骨粗鬆症は、骨がもろくなり、折れやすくなってしまう状態を指しています。全身注意したいところですが、特に背骨や太腿部といった体重のかかりやすいところの骨量が低下し、骨が折れてしまうと、激しい痛みとともに立ち上が...

骨折してしまった場合、患部を固定して安静にし、自然に骨がくっつくのを待つより他にありません。患部にギプスを巻いたり、添え木をするのは、そのためでもあります。しかし、もっと他にできることはないのでしょうか?固定するのは仕方ないにしても、生活面でかなり不具合が生じる場合もあり、一刻も早く治したいところですよね。今回は、自然治癒力を高め、骨折を少しでも早く治す方法をご紹介いたします。骨折を治すために重要...

「骨挫傷」とは、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。「突き指をしてしまって、なかなか腫れがひかない」という原因のハッキリしたものもあれば、「何だかわからないけれども、慢性的に膝が痛い」といった症状も、実は骨挫傷かも知れません。概ね「放っておけば大丈夫♪」とも思われがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか?その原因と症状をしっかり知って、治療に役立てていきたいところ。今回は、骨挫傷について...

全身に栄養や酸素を届け、また老廃物や毒素をいち早く体外へ排出するのに欠かせない血管。しかし、私たちの身体日々衰えて行くように、血管も加齢とともに老化して行くことが確認されています。その血管のアンチエイジングに有効な物質が、Tie2(タイツー)なのです。聞きなれないその名前に不安を覚えてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、実は、すごいパワーが隠されていました。その大いなる秘密にとことん迫っていき...

痔というと男性がなりやすいものというイメージがありますが、女性も痔を患う人が意外と多いもの。その数なんと10万人以上とも言われているのです!特に女性は、便秘や下痢など、便のお悩みが多いもの。何度もトイレに行かなければならない状態で肛門が傷つきやすくなってしまうことや、反対に、何日も何日もため込んだものが出る、その瞬間に肛門が切れたり裂けたりしやすいことから、切れ痔になってしまうこともしばしば。また...

世間の大多数の人が「痩せたい」と願い必死にダイエットに勤しむ一方で、「太りたい」と思う人も少なからずいらっしゃいます。一説によれば、太った人が痩せることよりも、痩せた人が太ることの方がずっと困難であるとも言われており、かなり深刻な問題でもあるのです。太ることができないのは、遺伝や先天的なものなど、自分ではどうすることもできない体質だという場合もある一方、病気・過剰なストレス・食生活などに起因する場...

「太る」というと、メタボ体系のようなものを思い浮かべてしまい、あまり良いイメージは持たれませんね(^^;もちろん、そうなりたい人はあまりいらっしゃらないと想定されますので、体を「大きく」・「強く」することについて考えていきましょう。もはや「身体づくりにはプロテイン!」というのが当たり前になりつつありますが、その本当の効果を知る人はそう多くはないようです。本来プロテインはダイエット向け商品だが…プロ...

「脂肪です!」・「塩分です!」・「糖分です!」「出たな、余分三兄弟!!」というフレーズが印象的な清涼飲料水のCMが、一昔前にあったのを微かに記憶している方もいらっしゃるのではないでしょうか。この余分三兄弟こそが、体を太らせる原因となる栄養素であるのです。多くの人々の場合は、お菓子やジュース・お酒などからこれらも栄養素を過剰摂取してしまい、その分、運動などで消費できるカロリーが少ないため、結果として...

結論から言ってしまえば、骨に入ったひびは、自然治癒できる場合もあります。不全骨折や亀裂骨折とも呼ばれるこの症状は、自覚症状があまりないものもあり、「知らないうちにかかり、知らないうちに治る」ということも十分起こり得ることなのです。実際に、別件で撮ったはずのレントゲンで「ここ、骨にひびが入って治った後があるね」などと言われて初めて知った、ということもよくあることなのだそうです。ということは、よほど耐...

ひとたび骨折すると、ギプスや添え木などで患部を固定し、無理に動かさないことが重要であるとされています。ただ、それだけでは、骨は十分な回復が見込めません。毎日の食事にこそ気を配り、適切な栄養を摂取することが大変重要になってきます。食事は、日々の活動のエネルギー源であり、生活の根幹をなす大切なものであることは言うまでもありません。「何を・どう食べるか?」を知り、意識的に摂取することこそ、骨折からの治癒...

排便時のみならず、拭いている時も痛みを伴い、ふとペーパーを目にすると真っ赤に染まっていた!ということはありませんか?それが、切れ痔によるものであるかも知れません。切れ痔は、正式名称を「裂肛」といい、肛門の皮膚が切れたり裂けたりとケガをすることによってできる痔です。大半は、特に自覚なく突然発症することが多いのも切れ痔の特徴。自覚症状がないとなると、ますます恐ろしいもののように感じてしまうかも知れませ...

出産という、人生の一大イベントが終わった!…と思ったらお尻の痛みに襲われるということはありませんか?その正体こそ、痔です。排便の度に痛んだり、血が出たりと、まさに踏んだり蹴ったり。「あれだけ痛い思いをしたのに、まだ続くのか(T_T)」と泣きたくなってしまいますよね。産後の切れ痔は、ズバリ、水分不足による便秘が大きな原因となっています。母乳育児をしている方は、特に、母乳を作り出すために身体の水分や栄...

美肌やアンチエイジングなど、女性に嬉しい効果があることでも知られているザクロ。その歴史は古く、クレオパトラや楊貴妃といった美のカリスマも好んで食していたほどなのだとか。美容のための食べ物として名高いザクロですが、妊活にも高い効果を発揮することが明らかとなってきました。それというのも、妊娠力に欠かせない女性ホルモンであるエストロゲンと非常に似た活性であるエストロンという成分を含んでいるからなのです。...

スポーツ選手がよく「疲労骨折で試合欠場」などというニュースを目にする機会も多いことでしょう。「疲れて骨折する?どういうこと?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。疲労骨折とは、その部分に継続的に力がかかり過ぎてしまった結果として起こる骨折のことを指します。例えるのならば、長年使っている自転車のペダルが、何の前触れもなくいきなり外れてしまうような感覚でしょうか。一度や二度の衝撃で折れることが...

見た目にも自覚症状にも現れにくいことから、発見が遅れがちである疲労骨折。触診や問診のみで判断することは難しく、画像を用いて診断を確定させることとなります。しかし、通常の骨折とは違い、痛みを訴えて、レントゲンを撮っても影すら映らずに看過されてしまうことも多いと言われています。この場合、次なる手段としては数週間ほどの期間を置いてから再度レントゲンを撮ることや、MRIや骨シンチグラフィといったより精密な...

ある日突然、誰の身にでも起こり得る疲労骨折。スポーツ選手など日々身体を酷使し、またメンテナンスを行っている人であってもなってしまうことがあるほどですから、一般的な日常生活を送っている人たちも決して他人事とは思えません。疲労骨折の治し方は、色んな方法が提唱・実践されていますが、一番手軽かつ効果が高いのが骨の強度を上げることです。一言で「骨の強度を上げる」と言っても、その方法は様々。どのような方法が効...

骨にはカルシウムが必要!と、わかってはいるものの、必要量や摂取目安量として提示されてい数字は、実に様々です。これは、年齢やライフステージなどによって必要なカルシウムの量が異なるからなのです。年齢ごとの、カルシウムの必要量は、このようになっています。※画像クリックすると拡大します。また、妊産婦は、胎児と授乳用の栄養が必要となりますので、年齢ごとの量から更に200mgほど多く摂ることが推奨されています...

骨粗鬆症には、WHO(世界保健機関)が定めた世界的な診断基準があり、それによって判断します。この基準には、骨量と骨密度を総合的に評価して骨強度を算出します。まず、骨量は、20〜40歳の健康な人の骨の平均値である標準偏差があり、そこからの減少の度合いで判断がされます。20%までの減少であれば正常とされますが、20〜30%の減少で低骨量状態、30%以上で骨粗鬆症、さらに既に骨のもろさが原因となって起こ...

レジスタントプロテインという言葉をご存知でしょうか?「プロテインはわかるけど、レジスタント?」と、耳慣れない言葉に首をかしげる方も多いのではないでしょうか。レジスタントプロテインは難消化性のたんぱく質という意味です。食物繊維のような機能を持ち、体内で消化されにくく、分解されにくいたんぱく質なのですが、まだまだその名は浸透していない模様です。中には、その働きだけが着目され「食物繊維の一種」とみなされ...

慢性的な便秘に悩まされているという方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。厚生労働省が行った最新の「国民生活基礎調査」によると、成人のうち便秘症の自覚症状がある人は全体で約14%。つまり、国民の7人に1人は便秘を抱えているのです!この、国民病とも言える症状に、一筋の光をもたらすかも知れないのが、「酒粕」です。生活習慣病や大腸がんなど大病の予防・抑制効果も確認されているなど、様々な方面でひっぱ...

昨今の食の欧米化やファーストフードなどの台頭により、野菜不足が深刻な問題となってきました。野菜が不足するということは、当然、野菜特有の栄養素が摂取できていないこととなってしまいます。野菜には、概ね、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、新陳代謝や免疫力を向上させる働きのある栄養素が含まれています。他にも、ファイトケミカルと呼ばれる、植物が過酷な自然環境や有害物質から自らを守るために作り出す化学物質も含...

一人暮らしだと、大抵のことは、自分の思い通りに気ままにこなせるというのが最大のメリットであったりしますよね。遅くまで外出していても叱る人も居ないし、お風呂にも自由に入れるし、食事だって好きなものを食べることができます。それゆえ、自分の意の向くままに好きなものだけ食べて居たり、はたまた「自分の分だけの食事だから、何でもいいや」とも適当になりがちです。ファーストフードなどの外食や、コンビニ弁当などで、...

1人のときや、ご飯を作っている暇がないときなどに非常に便利なコンビニ弁当。どんなときにでも近くて便利なコンビニで、いつでも手に入るものであり、空腹を満たしてくれるものでもあります。しかし、このコンビニ弁当、あなたの身体を蝕む危険な物質の塊であるかも知れないのです。それと言うのも、このコンビニ弁当には、とてつもない量の食品添加物が加えられているのです。その証拠に、コンビニ弁当は消費期限から1週間経っ...

皮を剥いたり切ったりと、何かと面倒な野菜の調理ですが、カット野菜があるとその手間が一気に省けるのでとても便利なもの。更に、1袋で複数種類の野菜が入っているとあって、単調になりがちな食卓に彩りを添えてくれたり、何よりも「野菜をちゃんと食べた!」という気にもしてくれます。まさに、最強のコスパを実現してくれるアイテムと言っても過言ではありません。しかし、このカット野菜、「栄養がない」とも言われてしまって...

「野菜不足は身体に悪影響を及ぼす」というのは、誰しも幼いころから口酸っぱく言われた覚えがあることでしょう。それもそのはず。野菜が不足するということは、野菜の持つ栄養素が身体に取り込まれなくなるということを指しているのです。現代人は、慢性的に野菜が不足していると言われています。何故なら、「飽食の時代」と称されるほどに、手軽で美味しい食事が、身の回りに溢れる生活を送ることができるようになってしまったか...

一見、関係ないようにも思える野菜と口内炎ですが、実は、密接な関わりを持っています。それというのも、野菜の持つ栄養素が、痛く辛い口内炎を和らげるのに役立つからなのです。現代では、食生活が多様化し、身の回りに食べ物が溢れている状況が続いています。極端に言えば、野菜を全く摂らずとも生きて行けるようになりました。しかし、野菜不足、あなたの身体に様々な弊害を引き起こす原因ともなるのです。もちろん、口内炎もそ...

ほんのりと赤くなった顔は、りんごのような愛らしさを感じるものです。しかし一方で、毛細血管が浮き出たような状態が続くと、見た目にも美しくなく、化粧のノリも良くないなど、様々な悩みが出てくるもの。これがいわゆる、赤ら顔と呼ばれるものです。赤みを抑えることに躍起になるあまり、肌表面に刺激を与えることとなってしまい、余計に赤ら顔がひどくなることも少なくありません。今回は、この赤ら顔の原因と対策について考え...

赤ら顔の原因は人それぞれです。肌が炎症を起こしていたり、ニキビを併発していたり、反対に潤いが不足していることなど、ただ、いずれの場合も、肌の角質層が薄くなり、敏感になっていることには変わりありません。やはり、敏感肌には、専用の化粧水が必要となります。一般的な化粧水には、品質保持・向上のために香料や防腐剤といった、有効成分以外のものが配合されています。しかし、敏感肌の人にとっては大敵!症状を悪化させ...

日常的に赤ら顔をケアするための薬や化粧水が各社から販売されています。毎日使うことで、赤みを消し去ってくれる効果が期待できるものであり、赤ら顔対策には非常に有効なものです。しかし、残念ながら薬や化粧水などのスキンケア製品だけでは、即効性を実現することはほぼ不可能なことです。「今すぐに赤みを隠したい!」ということなら、やはり、スキンケア後のメイクに頼らざるを得ないでしょう。特に、顔全体をカバーし、色味...

健康診断の結果から、中性脂肪の値の高さを指摘され、慌てている方も多いのではないでしょうか。食事制限や運動など、医師に推奨されるものは多いものの、生活スタイルを変えなくてはならないのは、どうにも耐え難いものです。そこで、オススメなのが、「飲み物を変える」という方法です。「何も飲まずに1日過ごす」ということは、誰しも有り得ないはずですよね。普段飲んでいるお水やお茶を、中性脂肪を下げることに特化した飲み...