免疫力と癌の関係

免疫力と癌にはどの様な関係があるのでしょうか?ある日突然、倒れて病院に運ばれ、診断結果は、癌という結果になり、余命幾ばくという話をドラマなどでも聞きますが、本当にこのようなことが起こったら、あなたはどうしますか?

 

がん細胞というのは症状があらわれにくいものなので、気づくまでに時間がかかります。そのため、気づいたときには進行が進みすぎていて、手遅れになってしまうこともあります。

 

癌の発生、進行の促進を抑えてくれるのが、免疫細胞と呼ばれる細胞です。免疫力と癌との間には大きな関わりがあるので、ここでしっかりと押さえておきましょう。

 

癌の発生メカニズム

 

そもそも癌とはどうやってできるのでしょうか?まだまだ研究途中ではありますが、有力な説を紹介します。
私たちの体には各細胞が存在し、その細胞に栄養素が行き渡ることで、エネルギーを生んだり、体を健康に保ってくれます。

 

しかし、この栄養を摂取した後が問題で、老廃物が細胞から排泄されるのですが、これが多くの方は体から排泄されずにそのまま残ってしまいます。

 

その結果、老廃物が邪魔をして、栄養や酸素が細胞に行き届かなくなり、突然変異して、癌になると言われています。老廃物は必ず出てくるものですが、どうやって排泄するのかが非常に大きな問題だと言えます。

 

免疫細胞のがん細胞への効果

 

癌が発生すると、体の免疫細胞ががん細胞を攻撃します。この時、免疫力の源である免疫細胞が正常に働かないと、がん細胞を殺せずに、様々なところへ自由に移動し、病巣を作ってしまいます。これにより、癌の発症を起こしてしまい、長い闘病生活の始まりとなります。

 

そうならないためにも、免疫力を向上することは今後の人生を楽しく過ごせるかに関わってきます。免疫力が低くなっているなと感じたら、すぐに対策を取ることが重要ですね。

 

免疫力低下による癌の進行促進

 

本来体の免疫細胞はがん細胞を見つけたら、即、攻撃を仕掛けてきます。これにより、がん細胞を無力化しようというのです。ただ、ストレスや食生活の乱れ、運動不足などが原因で、免疫力が低下することもあります。

 

そうなってくると、がん細胞の増殖を止めることができずに、進行を促進させてしまいます。何もしていなくても、がん細胞というものはどんどん増殖していくものなので、1度癌に掛かってしまったかたは早急に癌の進行を食い止める必要があります。

 

それには体の免疫力だけでは間に合わないこともあります。その場合は、薬でがん細胞を殺したり、手術をして、がん細胞を取り除く。というような方法で、体の免疫力だけでも十分にがん細胞を抑制することができるようになります。

 

免疫力と癌の間には日々、激しい戦いが繰り広げられているのですね。健康的に老後を送りたいなら、免疫力の向上は必要不可欠です。どうすれば高めることが出来るのかを考えていきましょう。

Sponsored Link