免疫力低下の原因

体には健康を維持するために、免疫細胞が働いています。長生きするにあたって、非常に重要なのですが、何らかの原因で、免疫力が低下することがあります。何が原因なのか?現在考えられている免疫力低下の原因をお伝えします。

 

ここに書かれていることに当てはまる方は免疫力が低下している可能性が高いです。早急に改善し、病気に備えていく必要があると言えます。

 

年齢

 

これは誰でも当てはまることですが、どうしようもないことでもあります。20歳を迎えると、免疫力というのは衰えを見せるようになります。

 

細胞が活性的に働かなくなるために、免疫力が低下すると言われています。歳をとった方ばかりが、病気に対して、警告をされるのはそのためです。

 

年齢を重ねる事で、免疫力が低下するのは仕方がないことですが、健康に対して、対策を取ることはできますので、歳だからとあきらめないでください。

 

環境やストレス

 

水俣病やイタイイタイ病など、公害による病気が発生したこともありました。これは化学物質により、体の免疫力が低下、正常に作用しなくなり、様々な影響を与えた結果だと言えます。

 

現在は化学物質の取り扱いには細心の注意を払うようになりましたが、それでも体に害のある物質が蔓延している可能性もあります。これが原因で、免疫力が低下するということも十分考えられます。

 

また、職場や人間関係などのトラブルで、過剰にストレスを受けると、免疫力が下がると言われています。
心の状態で、ホルモンの分泌が変動したり、免疫細胞の活動が制限されてしまったり、ストレスが免疫力に直接作用するので、いかにしてストレスを受けないか、ストレスを発散させるか。ということを考える必要がありますね。

 

食生活

 

毎日食べるもの。それが食事ですね。この食事が不規則になったり、栄養バランスが取れていなかったり、過剰に栄養を摂取していたりすると、免疫力に影響してきます。

 

特に免疫細胞の活性化に必要な栄養素の不足が最大の原因なのではないかと思います。というのも、現代人は野菜や魚を食べなくなってきているので、体に必要なビタミンミネラルなどが不足しがちになっているからです。

 

毎日コンビニ弁当で生活していたり、おにぎりや菓子パンばかりを食べていたり、夜食にカップラーメンなどを食べていたり、このような生活をしていたら、免疫力は当然低下してしまいます。

 

もし、食生活が乱れている、変色ばかりしている、コンビニ弁当ばかり食べている。というような方は食生活を見直していき、健康への意識を高める必要があると思います。

 

長生きしたければ、これらの項目をクリアしていかなければなりません。あなたはどうでしたか?もし、心当たりがあるなら、改善していきましょう。

Sponsored Link