免疫力を高めるツボ、お灸

体の免疫力を高めるには血行を促進してくれるツボ押しも効果があります。また、自分でも出来るお灸も免疫力を高めてくれるのに効果的です。

 

簡単に家でもできる方法を紹介しますので、1ヶ月試しにやってみてください。そうして、効果が期待できそうだと感じたら、もっと本格的にプロの整体師などにお願いしてみるのもいいかと思います。

 

手の爪の生え際にあるツボ

 

手の指には様々なツボがあると言われています。その中でも、免疫力を高めてくれるのは手の爪の生え際にあるツボです。これは血行促進の効果があるので、免疫力を向上してくれるのです。少し強めに付け根をつまんで、30秒程度で効果があるので、非常に手軽にお試しできます。

 

このとき、薬指は揉まないようにしてください。なぜなら、交感神経を刺激してしまうからです。交感神経を刺激すると、興奮して、血液の流れが乱れてしまうので、逆効果になりがちです。薬指以外をもんでいき、健康維持に努めてください。

 

親指と人差し指の骨がクロスする部分

 

手の甲の親指と人差し指を腕に向かってたどっていってみてください。そうすると、くぼみのような部分があるのがわかると思います。

 

この部分を押すことで、免疫機能を整える作用があります。便秘にも効果があるとされている部分なので、定期的にこのツボを押していくと、免疫力が高くなって良いと思います。

 

頭にあるツボ

 

頭頂部にある免疫力を高めるツボは頭頂部のてっぺんに位置します。このツボを押すことで、血行の促進を手助けしてくれます。その効果により、免疫力を高めてくれるのです。

 

お灸の効果

 

ツボを効果的に刺激するのにお灸という存在があります。これはお灸の温熱効果により、血行をよくし、免疫力を高めてくれます。お灸は自分ではできないと思う方もいらっしゃると思いますが、簡単な方法なら、自分でもできるのです。

 

例えば、手のひらの中心より下のところに、血行促進のツボがあるのですが、手のひらにお灸を乗せるのは特に難しいということはありませんよね。

 

ただし、お灸は非常に熱いので、取り扱いには十分注意が必要です。せっかく健康に関して、意識を変えても、お灸を使って、やけどをしては意味がありません。

 

ほんの不注意ですが、それだけで指が使えなくなったり、やけどの跡が残ったりして、健康だけでなく、見た目に関するところも悪い影響を及ぼす可能性がありますので、取り扱いに十分注意して、お灸をすえるということに挑戦してみてください。

Sponsored Link