ビタミンの種類と効果記事一覧

ビタミンAの効果とはどういったものでしょうか?ビタミンの中でも熱に強く、水にも溶けなにくいので、非常に摂取しやすいものです。ビタミンAの主な効果は正常な視覚、免疫や皮膚、粘膜の健康状態を維持するのに非常に重要です。また、正常な細胞分裂などにも大切な栄養素です。ビタミンAの不足で、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまいます。ビタミンAが不足すると、暗いところで目が見...

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変えるということで有名ですね。これは疲労を回復する効果にもなり、米や小麦などを主食にしている現代人には非常に重要な栄養素になります。これが不足すると、脚気と言って、脚に力が入らなくなり、元気がでなくなってしまいます。米を玄米から白米に精米する過程で多くの栄養素が取り除かれてしまうので、現代人には不足しがちだと言われています。炭水化物 を燃焼させるには酵素が働かな...

ビタミンB2とビタミンB1と間違えそうになりますが、効果が全く違うので、混同しないようにしましょう。ビタミンB2の効果とは脂質を中心にタンパク質、糖質などを分解し、エネルギーに変換します。これはビタミンB1と似ていますね。ただ、他にも口内炎を予防・改善する効果があります。これはビタミンB2には、粘膜を保護してくれる効果があるためと言われています。その他にも、ニキビの予防や改善にも役立ちます。ニキビ...

ビタミンB6の健康への効果とはどのようなものでしょうか?ビタミンB6は主に循環器系や神経系、生殖器系など様々な体の機関へ効果を発揮します。特に、最も効果が現れやすいのはタンパク質や糖質、脂質をエネルギーに変換する効果があるので、疲労回復に効果があります。そして、皮膚や粘膜へも働き、健康を維持するのに非常に重要な役割を果たします。ビタミンB6はこの栄養素単体で摂取するよりも他の栄養素と一緒に摂取する...

水溶性のビタミンの一つ、非常に抗酸化力が強く活性酸素から各細胞を守ってくれます。この結果、肌の老化を防いでくれます。この活性酸素は非常に厄介な存在で、体には必要なものなのですが、必要以上に増えるとガンの原因にもなってしまいます。そのため、ビタミンCを効果的に摂取していくことが重要になってきます。また、メラニン色素の抑制効果もあり、メラニン色素を分解することで歳をとっていくと必ず障害になるシミの予防...

ビタミンDというビタミンを聞いたことはありますか?ビタミンCやビタミンBなどと比べるとあまり有名ではないイメージがありますね。このビタミンDの効果としてはカルシウムのバランスを整え、骨を丈夫にしてくれるので、骨粗鬆症の予防にもなります。また、ビタミンDには免疫力アップの効果やガンや糖尿病などにも効果があると言われています。特にインフルエンザに対しても効果が高いようで、効果的に摂取すると、インフルエ...

ビタミンEは脂溶性のビタミンの代表とも言えます。このビタミンEの効果ですが、最近の研究では血中コレステロール値を下げる作用が発見されていて、コレステロール値が高くなる高齢者などには非常に重要な栄養素と言えます。その他にも、抗酸化作用により細胞膜や血中脂質が活性酸素から守ってくれます。血管の健康にも効果がありますし、毛細血管の血行を良くしてくれます。このため、非常に健康に良いとされています。年齢を重...

あなたはビタミンKって聞いたことがありますか?ビタミンKというのは脂溶性のビタミンで、血液を凝固させ止血する効果があります。これが不足すると、怪我などをして血が出た時になかなか血が止まらずにちょっとした傷でも大惨事になりかねません。通常は自然治癒力が働き、自然に血が止まりますが、ビタミンKが不足すると、非常に危ない状態になる危険性があるので、注意が必要です。また、ビタミンKには骨の健康を保つ効果も...

ビタミンB12の効果ですが、最も有名なものに貧血を予防する効果があります。これはビタミンB12には赤血球を作る働きがあるので、この栄養素が足りなくなると、細胞分裂や増殖がうまくいかなくなり、赤血球が足りなくなり、全身にまんべんなく赤血球が行き渡らなくなります。その結果、栄養も行き渡らなくなるので、貧血になります。貧血というと鉄分が足りないことが原因と考えられますが、それだけでなく、ビタミンも重要に...

パントテン酸にはどのような効果があるのでしょうか?パントテン酸とはビタミンBの一種で、ストレスをやわらげる効果があるとされています。ストレスを和らげるにはホルモンの働きが必要なのですが、パントテン酸はホルモンの合成にも非常に重要な働きをするので、ストレスへの抵抗力を高めてくれます。ストレスを対処するには膨大なエネルギーが要るのですが、ホルモンにより血糖値を上げて、エネルギーを上昇させているのです。...

ナイアシンとはビタミンB群の仲間で、水溶性のビタミンの一つです。ナイアシンの効果としては最も安全で効果的なコレステロール抑制手段と言われています。コレステロールは歳をとるにつれて増加していき、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす可能性があるので、抑制してくれるのは非常に嬉しいですね。また、ストレスなどが原因になるうつ病や心の病気にも効果的と言われています。ナイアシンはビタミンB1同様、エネルギーを作...

葉酸とは水溶性のビタミンのことで、ほうれん草の「葉」から発見されました。その名のとおり、葉っぱの中に含まれているようです。この葉酸の効果とはどういったものがあるのでしょうか?葉酸は細胞分裂になくてはならない存在で、核酸やチミンの合成に働きかけます。そのため、胎児の先天性奇形の予防に効果的と言われています。それだけでなく、新陳代謝や細胞分裂が活発な組織では非常に重要な役割を持ちますので、体に欠かせな...

ビオチンという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。ヨーグルトなどに含まれていることが多いですね。このビオチンの効果ですが、肌の艶やハリの元になるコラーゲンの生成を助けてくれます。そのため、皮膚炎を予防するとも言われています。美容成分としても注目されていますね。他には炭水化物 や脂質、たんぱく質の代謝を手助けする役割があります。コラーゲンの生成を促すので、髪にも非常に良いとされていて、強い髪を...

ルチン・ヘスペリジン・ケルセチンなどのフラボノイド(色素)をまとめたものをビタミンPと呼びます。その中のヘスペリジンは柑橘系に含まれているポリフェノールで、実よりもスジや袋に多く含まれています。人間の体内では生産することができないので、食品や飲み物から摂取する必要があります。しかもビタミンP自体はノンカロリー。ほかの物と一緒にバランスよく摂取することでビタミンP の持つ効果が発揮出来ます。ビタミン...